前へ
次へ

インプラント治療の方法に関して

インプラントと言うのは、むし歯や歯周病などが原因となって歯を失くしてしまったシーンで、天然歯の代役として顎の骨に対してなじむ原材料を埋め込んだ人工歯根です。 人口歯根のタイプはたくさんあり、原材料はおもにチタンが活用されます。 なかなか取り外しの義歯が許容できない人、歯を切り崩しブリッジにする選択肢に抵抗を覚えてしまう人などに適用されます。 人間は永久歯を失くしてしまうと二度と生え替わってきません。 そういう理由からかつては義歯などを活用するしかそういった部分をフォローするテクニックはありませんでした。しかしながら義歯であれば固いものが効果的にかみ切れない、発音が悪化している、そして長い期間活用する間に合わなくなるケースがあります。 こういう苦悩を取り除くのがインプラントといえます。歯を失くしてしまった人の悩みを克服する一歩先を行く治療ということになります。最近では、多くの方が利用しています。

Page Top