前へ
次へ

歯科インプラントの特徴

虫歯や歯周病、何等かの病気などで歯がなくなった人のために開発されたのが歯科インプラントという治療です。昔は歯がなくなった場合、そこに差し歯をしたり入れ歯をつけたりするのが一般的でしたが、最近はデンタルクリニックで歯科インプラント手術をする人が増えてきています。どういう治療かというと、まず歯がなくなった部分にある歯茎に専用のドリルで穴を空けます。そしてその穴に人工の歯根を埋め込みぐらつかないように固定します。ある程度時間が経過して安定したら、その上から人工のセラミックの歯をかぶせて完成です。入れ歯の場合は毎日のお手入れが大変ですし、食べるときに違和感を覚えたり硬いものが食べにくかったりとデメリットが多いです。しかし、この治療をしてしまえばそうしたデメリットから解放されます。見た目がまるでもともとあった自分自身の歯のようにナチュラルで、誰にも気づかれることなく美しい歯並びが手に入る歯科治療です。

Page Top