前へ
次へ

インプラントは誰でも受けられるのか

人の歯は生まれてからしばらくすると乳歯が生え、その後大人の歯として永久歯に生え変わります。残念ながら永久歯が抜けてしまうとその後に歯は新たに生えてきませんが、抜けたままにしていると他の歯への影響があるので何らかの形で補う必要があるでしょう。通常はブリッジと呼ばれる他の歯に引っ掛けるタイプの義歯を使うことが多いですが、それ以外にインプラントと呼ばれる方法を取ることもできます。いろいろなメリットがあるので検討するといいかもしれません。では義歯としてインプラントを選ぼうとするときに誰でも受けられるかですが、まずは歯科医院での診察が必要になります。インプラントでは歯根を歯の下にある骨に固定する手術を行いますが、固定する部分の骨が薄かったりすると固定が難しくなり受けられないときもあります。一方歯科医院によっては薄い部分を分厚くしてから歯根を埋め込む治療をしてくれるところもあります。ある歯科医院で無理と言われても別の歯科医院なら可能になるときもあります。

Page Top